オン ザ ソファ

一人きりで暮らしているから、どうでもいいことを聞いてほしい

愛は新年とともに?

  正月太りである。帰省していた12/30-1/2の4日間で、体重が2.5kg増えた。8月末から4ヶ月かけて6.5kg落としたのに、たった4日で30%以上リバウンドしてしまったということだ。切ない話である。しかし別段慌てることも、落ち込むこともない。短期間で減らした体重が元に戻りやすいのと同じように、短期間で増えた体重もまた元に戻りやすいのだ。現に1/11本日、私の体重は帰省前の体重にぴったり戻った。……思いのほか戻りが遅かったが、まぁそれでも良い。久々に家族友人と会って楽しく飲み食いしたのだから、後悔はない。ないったらない。

 

 ところで、「男に二言はない」という言葉がある。これは元々「武士に二言はない」という、武士たるもの一度口にしたことは曲げずに全うするものだという意味の言葉であったのが、身分制度の廃止を経て変化したものである。つまり、こんな言葉が時代の荒波を乗り越えて今日まで残ってしまうくらい、「主張や意見をフラフラ変えることはしょうもない、恥ずべき行為である」という風潮がこの国にはあるのだ。

 まったくもって馬鹿げている。まともな神経と知性を備えた人物であるならば、人生経験を重ね知見を深めていくうち、その考え方は自然と変化していくものだ。むしろ一度言ったことを絶対に曲げないなどというのは、その人が無神経で、且つ不勉強な人間である証左に他ならない。

 ―――――こんな前置きをして何が言いたいのかというと、私は2つ前の記事で「恋愛とか、今はいいかな~」みたいなことを抜かしたと思うのだが、あれを全面的に撤回したいのである。恋人が欲しい。超、欲しい。

 ターニングポイントはクリスマスではなく正月であった。年明けからまだ1週間しか経っていないというのに、このたった7日間のうちに、親しい友人4人から立て続けに「恋人ができた」「婚約した」との連絡が入ったのだ。

 何? みんな、どうした? 年始ってそういう、告白とかプロポーズとかするタイミングあったっけ? 厳かに過ごせよ~。ほんと、神聖な正月にそういうの、理解できねぇ!

 まぁ、そんなハッピーニューイヤーな面々のことは適当に祝っておくとして、とにもかくにも自分のことである。つい先日まで本当にこういう気持ちは湧かなかったのだが、友人たちが一斉にフリーでなくなって、私はいま、強い孤独感に襲われている。

 何で私は、たった1人でこんなところにいるんだろうか。実家は遠くて、友達もいない。みんな関東とか関西にいるのに、なぜ私だけ東北にいるのか。2018年は凌げていたはずの寒さが、今になってひどく身に染みる。

 であるので、2019年冬、私はついに街コンへと赴いてみようと思うのだ。

 ちなみに8月の中頃にも、社会人サークルに入るだの街コンに行くだのと、今と同じようなことをこのブログで言った覚えがある。しかし結局それらのことを一切実行に移さないまま現在に至る。その理由は様々あるが、一番大きいのは、私がそういう場に着ていく服をほとんど持っていないことである。

 さすがに「服を買いに行く服がない」、というほどではないが、出会いの場に着ていくようなおしゃれ着は持っていない。学生時代に着ていたものも、秋に一瞬だけ断捨離にハマってほとんど手放してしまった。

 さらに私は、服を買うのがそこまで好きではない。まず買いに行くのが面倒くさいし、何を買ったら良いのか分からない。これまでおしゃれというものを学ぶ努力を完全に放棄して生きてきたため、自分に何が似合うのかとか、世間では何が流行っているのかなどがまったくわからないのである。

 おしゃれ着を持たない、買いに行くのも面倒くさい、そもそもおしゃれがわからない……。そんなおしゃれ三重苦の私はこの度、air Closet(エアクローゼット)、略してエアクロに登録した。

 このエアクロは、洋服レンタルサービスの一種である。登録時に自分の体型や好みのファッションなどについて入力すると、それらの情報を元にプロのスタイリストが選んだ服が3アイテム、自宅に送られてくるのだ。

 利用プランはライトプラン、レギュラープラン、レギュラーパックプランの3つであり、ユーザーはそれぞれのライフスタイルに合わせてどのプランにするか選ぶことが出来る。

 ライトプランは月額6800円で、月に一度、3アイテムの服が借りられるプランだ。私はとりあえずこのプランで登録し、今回はこのセーター×2、スカート×1が送られてきた。

 f:id:modykkn005:20190111104313j:plain

 正直これらが洒落ているのかどうかすらも私にはよくわからないのだが、それでも『プロが選んでくれた』という事実が、私に安心感を与えてくれる。それに、私はこういうカチッとしたスカートを着用したことがこれまで一度もなかったのだが、今回届いたこれを着てみて、案外似合わないでもないことを知ることができた。このように、購入という形ではなかなかチャレンジしにくい新領域にも、レンタルという形で気軽に踏み込んでいけるのがエアクロの強みらしい(レンタルする服は完全におまかせにすることも、形や色を指定することもできる)。

 レギュラープランは月額9800円で、服が借り放題になるプランである。ライトプランではひと月に3アイテム1セットのみのレンタルだったのが、このレギュラープランだと何セットでも借りられるようになるのだ(ただし一度に借りられるのは1セットのみで、借りたセットを返却したら、次のセットがまた届くというシステムである)。日々のファッションにバリエーションを持たせたい人ならば、このプランの方がコスパがいいだろう。レギュラーパックプランは、レギュラープランを数ヶ月分まとめて申し込むといくらか安くなるというお得なプランだ。

 

 ……慣れないあからさマーケティングを試みたせいで、今回の記事は書くのに6日くらいかかってしまった。でもair Closetは本当に便利だと思うし、私の街コンへ行こうという覚悟も本物だ。プロが選んでくれたおしゃれ着に身を包み、仙台男子どもを100人でも200人でも斬り捨ててくれよう。乞うご期待である。

 

 

 ~今週の作り置きごはん 洋風編~ 

 

f:id:modykkn005:20190111104429j:plain

 

 左上から①カボチャスープ、②煮込みハンバーグ、③長芋とエリンギとベーコンの炒め、(←上段 下段→)④ブロッコリーとタコの炒め、⑤鶏もものレモンハーブ炒め、⑥ほうれん草とツナとチーズのオムレツ、⑦レンコンのペペロンチーノ風、⑧ナスとトマトとベーコンのチーズ綴じ である。

 イタリアンで統一しようと思ったのだが、無理だったのでざっくり洋風のくくりにした。

 ②の煮込みハンバーグは、なんとなく既存のレシピを変えて、ハンバーグのタネにマイタケのみじん切りを入れてみたのだが、そのせいでタネのまとまりが悪くなって焼く段階で崩壊してしまった。仕方がないのでそのまま煮たら煮込みハンバーグというよりただのミートソースになってしまった。まぁ、ご飯にかけたらおいしかったので問題はない。

 ⑥のオムレツは、チーズを上に乗せるなり下に敷くなりしてカリカリになるまで焼くと、香ばしくなってとてもおいしい。それに深めのフライパンで作ると厚みがでるので、出来上がりがキッシュっぽくなりオシャレに見える。かなりおすすめである。

 

 最後に再びのあからさマーケティングであるが、最近ようやくスライサーとフードプロセッサーを買った。フードプロセッサーといっても紐を引いたり戻したりして手動で動かす安いものだが、それでも非常に便利である。私は一度にたくさんの料理を作るので、毎回野菜の下処理(皮を剥いたり切ったりすること)が本当に大変なのだが、スライサーを使えば人参や大根の千切りが簡単にできるし、フードプロセッサーがあればみじん切りにかかる時間を大幅に短縮することができる。この2つのおかげで、今週は料理にかかる時間が30分近く短くなった。

 料理は時短、とにかく時短である。私はいま、7日分8種類の料理を作るのに3時間くらいかかるのだが、これを努力ではなく人類(私以外)の叡智によって2時間くらいまで短縮したいと考えている。なので、何かおすすめの時短グッズなどがあったらぜひ教えて欲しい。

 

K&A みじん切り器 ふたも洗える ぶんぶんチョッパー BBC-01

K&A みじん切り器 ふたも洗える ぶんぶんチョッパー BBC-01

 
京セラ セラミック可変式スライサー プロテクター付き ホワイト CSN-182WHP

京セラ セラミック可変式スライサー プロテクター付き ホワイト CSN-182WHP