オン ザ ソファ

一人きりで暮らしているから、どうでもいいことを聞いてほしい

エスケープ フロム ヘル

 はーあ!!

 はーあ、である。ちなみにどういうことかというと、喜びのため息である。知らない人も多いかもしれないが、人は幸せなときにもため息をつくのだ。私はとても物知りだから、そういうこともよく知っている。

 なぜ嬉しいのかというと、久々に友人と話したのだ。ラインで。事情により電話はできなかったが、ここしばらくの間、喉にひっかかった小骨のようにチクチクと私の気を滅入らせていた事柄について話を聞いてもらったり、ちょこちょこと近況を報告しあったり、とても楽しい時間だった。

 自分で思っていた以上に嬉しかったようで、そのラインの後に職場の同期とすれ違ったとき、思わず笑顔で挨拶してしまったくらいだ。挨拶自体はいつもしているが、私が同期に笑いかけるなど本当に久々のことであったので、私自身、驚きのあまりせっかくの笑みが多少引き攣ってしまい、それを見た同期もビビってちょっと引いていた。そんな夜だった。

 

 それで、前回言ったとおり、この間の研修の話である。

 弊社における私の同期は、かなりたくさんいる。100人ほどだったか。普段は1~4人くらいずつが全国各地の配属先にてんでんばらばらになって勤めているのだが、年に1度、同期同士の交流とトレーニングを兼ねて東京の一カ所に集められて研修を受けさせられるのだ。

 研修の内容はどうでもいい。他の会社とおんなじような、意味があるんだか無いんだか、お偉方がそれっぽいことしたいだけとちゃうんか、的な内容だった。

 今回私の心に強く残ったのは、各人の職場でのエピソードであった。全員、本当に様々なところで様々な仕事をしているので、仕事内容、職場環境、目の輝き、みんな全然違うのだ。

 ロシアの誰かの本に「幸せな家庭はみんな同じだが、不幸な家庭はバリエーションが豊富」みたいな言葉があった気がするが、これは職場にも通ずるらしい。たとえば私の職場は、ブラックかホワイトで言えば、どホワイトだ。残業はなく、遅刻にもうるさくなく(そもそも上司の勤務時間がかなりフレキシブルだ)、和気藹々とは言えないがみんな淡々と自分の仕事をしていて、他人をイビったりする人はいない。そして他のホワイト勤務の連中もみな一様に、自分の職場をそんな感じで形容していた。

 しかしブラック勤務の連中の話を聞くと、その環境はなかなか多様性に富んでいた。部署全体がギスギスしていて、いつも誰かが喧嘩している職場、 めちゃくちゃ新人をイビってくる奴がいる職場、 教育もロクにせず、過剰量の仕事を振ってくる職場、 遅刻しかけたとかつまらないことで逐一説教をかましてくる上司がいる職場…責め苦も獄卒(地獄で罪人を懲らしめる鬼)も様々な地獄がそこにはあった。

 多分想像がつきやすいと思うが、各人の職場環境の話になると、段々ブラック勤務の奴らの不幸自慢大会みたいになってくる。そんな折、新人教育担当リーダー的なポジションの先輩社員が、そのブラック連中の話を聞いて言った。

 

 「そっかぁ、大変だね…。でも、初めのうちに厳しいところに行っておいた方が、後々色んなことが身について良いよ」

 

 出た。

 日本人のよく言う寝言ランキング堂々の第一位、 「若いうちの苦労は買ってでもしろ」 である。ちなみに二位は「おしゃべりだけでもOK!未経験から稼げるお店です」で、三位は「FF外から失礼します」だ。

 私も、この言葉を全否定したいわけではない。確かに苦労の末に得られる経験は貴重なものだろう。しかしその貴重な経験を与えてくれる苦労というのは、恐らく技術や礼を身につけるための研鑽を意味しているのであり、始業2分前に職場に着いたら上司から「15分前にはデスクに座ってないと…社会人としての自覚ある?」とか言われて5分の説教をくらう、みたいなことを指しているのではないと思うのだ。

 あと、先輩社員さんはこんなことも言っていた。

 

「厳しいところにいるとストレス耐性がついて、打たれ強くなるからね!」

 

 ストレス耐性…これもよく聞く寝言だ。社会だけでなく、中高の運動部とか吹奏楽部でもよく聞いた。「上下関係の厳しい部活をやり抜いた人は打たれ強いから、どこででもやっていけるよ」とかよく聞くフレーズだが、打たれ強いって、本当に良いことだろうか?

 

 読んでいない人には申し訳ないのだが、2つ前の記事にリンクを貼った継傷という短編がある。あれに出てくる奥さんの幸恵さんは、打たれ強い、ストレス耐性の高い人の一例として書いた。彼女は会話もまともにしたくないと思うほどに自分の夫を憎み嫌っているのだが、一方でそのDVやモラハラから逃げようとせず、30年もの長きに渡って夫と連れ添っている。これは夫に対する愛情が残っているとかではなく、単に日々のモラハラに心を削られているせいで、離婚に踏み切るほどの元気が残っていないだけだ。つまり彼女はストレス耐性が高いがために、ずーっと嫌な思いをし続けているということだ。

 もしストレス耐性が低い人だったら、あんなコンプレックスの塊と長くは暮らしていないだろう。早いうちに「もうこんな生活耐えられない、何が何でも逃げてやる!」となって子供を連れて離婚したり、鬱になって自殺したりすると思う。しかしストレス耐性の高い彼女にとって、夫のモラハラは自殺するほどの苦痛ではなかった。

 そして離婚だが、彼女は日々のモラハラによって、自殺するほどではないものの精神が疲弊していた。そのため、『夫のハラスメントからは解放されるが、成立するまでに確実に夫と揉め、その後の生活苦も予想される』離婚という手段を選択し、それに向かって頑張る余力が残っていなかったのだ。長年の付き合いから、夫に対して「何を言ってもムダ。こっちが嫌な思いをするだけ」という強い諦観が染みついていたということもあるだろう。

 

 長々自分が書いた小説のキャラクターについて語ってしまったが、要するに、ストレス耐性が高い人は確かに長期間ストレスに耐え忍べるが、耐えれば耐えるほどに体力を奪われ、「そこから逃げる」という選択肢を選べなくなってしまうということである。

 最悪である。雇用主とかからしたら、そりゃあストレス耐性の強い方が良いだろう。道具は長持ちするに越したことはない。しかし本人からしてみれば、永遠に続く生き地獄だ。ストレス耐性なんてもはやない方が良いんじゃないかとすら思える。

 

 ゆとりだ根性なしだ恩知らずだなどと誹られようが、それを言ってくるのは極悪非道の資本家か、ストレス社会に浸かりすぎて存在そのものがストレスと化してしまった悲しきモンスターである。耳を貸したところで、百害あって一利なしだ。耐える前に逃げちゃうのが一番良いんじゃないだろうか。まー世の中子供とか生活費とか世間体とか色んなしがらみがあるわけで、皆が皆そんな簡単に逃げられるわけじゃないのだろうが、我慢の出来るやつはえらい、不遇を耐え抜いた先には成長がある、という考え方は、やっぱり違うんじゃないかなぁ。

 

 ちなみに話を聞いた中で一番やばかったのは、近くの席に座っていた女の子で、まさかのサビ残をやらされてる奴だった(弊社のシステム上、サビ残はそうそうあり得ない)。毎日2時間くらい残らされているらしい彼女と趣味の話になったとき、私が「最近は組紐とかやってるんだ。 君の名は に出てたアレ」というと、彼女は「あー!私もリリアン編むよ!休みの日はやることなさ過ぎて、リリアンを編んで解して、また編んでる」と言っていた。

 あまりにも、あまりにも虚無過ぎる。サービス残業は彼女からどれだけのものを奪い去ったのだろうか。彼女は配属先の人間と揉めることをひどく嫌がっているようだったが、とりあえず本社の人に相談してみるよう強く勧めておいた。

 

 三十六計逃げるに如かずという言葉もあるし、やっぱり理不尽からはとっとと逃げた方が良いんだなぁ、と学んだ新卒研修であった。

 

かわいい組ひもの教科書: はじめてでもかんたんにつくれる 50通りの組み方とアクセサリーのつくり方

かわいい組ひもの教科書: はじめてでもかんたんにつくれる 50通りの組み方とアクセサリーのつくり方

 

 

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない


〔ハマナカ〕 組ひもディスク H205-568

〔ハマナカ〕 組ひもディスク H205-568